物販の売れる理由を考える。

こんにちは、寺本 です。

本日は久々に外に商品を仕入れに行きました。
普段はネットがメインで仕入れするのですが、、、

狙っていた商品があったので仕入額は20万です。
あーなんか仕入れに行くってお金使って気持ちいいw

ネットだと全然お金の自覚がないのですが、
やっぱり実際払って買って商品を手にすると全然違います。

僕はこれが結構好きです。

輸出しているのですが、将来的には外国に仕入れに行きたい。

肩書きはバイヤーですね。

名前もいい

で、物販の基本って安く仕入れて売る。

それが基本です。

メルマガでは詳しい実践情報も配信中です。
ぜひご登録ください。

こちらから

問題はこの安く仕入れるってのは売る相手によって変わります。

たとえばコンビニで買えるものを買って自分で売る。

誰が買うねんって話です。

なぜかと言うとコンビニなんか日本全国どこにでもありますし
どこも同じ値段です。

これは物販には物の価値が決まっているので
全国、どこでも買えるようなものは個人で売って利益を出すのは無理です。

だから利益が生まれる理由をつけます。

それらの理由が、

誰にでも買えるものを通常より安く仕入れる

希少なものを販売する

そのものが売っていない地域に販売する

価値を加える

先行販売する

基本はこんな理由です。

ではもっと掘り下げていくと

誰にでも買えるものを通常より安く仕入れる

 メーカーから直接買う、販売者に大量に買うから値引きしてもらう、在庫があまっているものを買う、
 そのもの自体がいらない人から買う。

希少なものを販売する
 中古品、新品だが古いもの、生産が少ないもの、売っている地域が限られているもの、
 そもそも売り物ではないもの

その物が売ってない地域に販売する
 ご当地商品、海外、

価値を加える
 加工する、組み合わせる、寝かす、流行る、購入したくなるサービスを提供

先行販売する
 発売されていないものを販売

と、こんな風に根本を常に考えておけばその人の
物販のスタイルが決まると思います。

中古品に詳しい方は中古商売

流行に敏感な方は先行販売

技術者であったり物自体にサービスを付けられる方

現金を用意してメーカーから卸仕入れをする

不用品を回収して売る

自分にあった販売が出来るのが物販のいいところです。

僕は大体かたよりつつありますがすべての経験をしたいと思っています。

これからもさらに掘り下げて何で物が売れるのかを研究しています。

P,S
メルマガでは詳しい実践情報も配信中です。
ぜひご登録ください。

こちらから

 


【メルマガorLINE@登録者限定企画】

月50万稼いだ!ライバルセラーリスト1100をプレゼント!

私が実際に利益50万を出すまでに利用したセラーリスト1100をプレゼント

気になるセラーの昨日売れた商品や新しい出品を1クリックでチェック!

自分だけの厳選セラーリストを作成してリサーチを圧倒的に効率化!また分かりやすい動画解説付きです!

LINE@はこちら。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

元料理人の3児の父親。料理人時代にお金も時間も無いことが悩みで転職。 ebayやamazonを利用した輸出ビジネスで月利益100万達成。その後法人化。 業務のほとんどを外注化して、完全在宅ワークのフリーランス。現在は京都の古民家に住み、料理・釣り・アクアリウムなどの趣味を楽しみながらスローライフを送っている。