海外発送商品大丈夫なのか?!

こんにちは。RYUです。

送り先住所をちゃんとビニールパウチにいれているはずなのに、

なぜかそれが丸ごと消えてなくなるケースが多発しています。

 

imgres

 

 

 

 

コレの中身が消えて帰ってきます。

 

しかし、わたしの荷物には万が一のためにある保険をしているので

ちゃんとそんな状態でも戻ってくるようにしています。

 

相手先の住所はわからないのに、なんで日本には帰ってくるの?

と疑問に思われますよね。

 

 

これにもテクニックがあります。

(というほど高度なものではありませんが)

送り先パウチを貼り付ける前に、SAL便用の送り主住所を張っておくだけ。
ただこれだけです。

最近では、オーダーファイルにある送り先住所をSAL便を発送するときに使用するように

国際epacketや書留SAL便などにも使用しています。

EMSの場合は、送り状が3~4枚あるうちの1枚目の下部分をカットし、貼り付けます。

 

l

パウチを貼り付ける前に仕込んでおきます。

そうすると、送り先・送り主双方の住所がわかるため、
パウチ内の書類が税関等の調査の際に紛失してしまっても、送り先に到着する可能性が高まります。

 

実は本当にコレに助けられたことが多数あります。

この作業はめんどくさがらずにしっかりとやったほうがいいですね。

 

 

P.S
メルマガを始めました。

是非ともご登録ください。

<a href=”https://protocol-ex.com/rg/25274/3/”>こちらをクリック</a>


【メルマガorLINE@登録者限定企画】

月50万稼いだ!ライバルセラーリスト1100をプレゼント!

私が実際に利益50万を出すまでに利用したセラーリスト1100をプレゼント

気になるセラーの昨日売れた商品や新しい出品を1クリックでチェック!

自分だけの厳選セラーリストを作成してリサーチを圧倒的に効率化!また分かりやすい動画解説付きです!

LINE@はこちら。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

元料理人の3児の父親。料理人時代にお金も時間も無いことが悩みで転職。 ebayやamazonを利用した輸出ビジネスで月利益100万達成。その後法人化。 業務のほとんどを外注化して、完全在宅ワークのフリーランス。現在は京都の古民家に住み、料理・釣り・アクアリウムなどの趣味を楽しみながらスローライフを送っている。