Amazon輸出は厳しい!むずかしい!儲からない!?

メルマガorライン@登録で豪華プレゼント企画中!※詳しくは記事の最後をチェック!

こんにちは!Twitter/@RYUです。

本日はこんな記事を書きました。

Amazon輸出は厳しい!むずかしい!儲からない!?

私はamazon輸出から輸出ビジネスをスタートさせました。現在、アメリカ・カナダ・イギリス・ドイツのamazonアカウントを運営しています。

イギリス・ドイツを開始するのにはパスポートが必要だったり、関税(VAT)、著作権にうるさいなどの理由から参入される方が少ないといった印象です。僕自身も実際に始める前はすごく躊躇をしていました。今回は実際に運用してみた感想をまとめてみました。参考になればうれしいです!

Amazon輸出ヨーロッパ諸国への販売はむずかしい?儲からない?

  • ヨーロッパはオタクが多い
  • 売上はいいけどアカウントの審査が厳しい
  • まとめ

 

ヨーロッパはオタクが多い

ドラゴンボール、ワンピースなどは世界共通で不動の人気ですが、こんなアニメ始めて知った!となるのは大抵ヨーロッパからの注文です。そういうアイテムは日本での認知度が低いので、安くで商品が手に入り利益が高めで売れることが多いです。

(RYU)
ルパン3世のフィギュアはイタリアからの注文がほとんどです笑

注文にもお国柄が出ます

実際に始めてみると面白いように売れる!『始めて1ヵ月足らずなのに売上も順調に伸びてるしいい感じ!』と思っていました。その先にある地獄を知る前の私です。

アニメグッズで大きく稼ぎたいと思うなら、ヨーロッパはまさにブルーオーシャンなのですがamazonに関しては本当に色々厳しすぎて今も泣いてます。

売上はいいけどアカウントの審査が厳しい

しかし、昨年のホリデージーズン突入と同時にアカウント審査に入られました。

急激に売り上げが伸びたことがその理由です。amazonからは『再度ビジネスとしての登録をしてください』と指示が来ました。その時にはすでに法人を立ち上げていたので、アカウントを法人に変えてビジネスとしての登録をしました。

言われるがまま法人を登録をしたのですがそれが大失敗!amazonからは再度会社の証明書類を多数求められた上に、戸籍謄本を英語で出せ!となりました。この審査のやりとりが始まってすでに2ヶ月。。書類提出→審査→再度他の書類提出→審査の繰り返し(この審査は現在進行中)

(RYU)
市役所で戸籍謄本を英語で出してくれるわけもなく、色々調べていたら戸籍謄本などを翻訳してくれる会社があることもも知りました。

まとめ

まとめると

  • amazon輸出のヨーロッパ販売は売れる
  • 売上が目立つとアカウント審査がくる
  • 細々とした売上で審査の目をむけさせない

 

私のように短い期間で大きく売上を伸ばしてしまうとアカウント審査が入る確率がグッと上がってしまう(すでに2回経験しています)こうならないためにもあまり目立った売上を出さずに細々とやるがいいかもしれません。

なんにせよamazon輸出のヨーロッパ販売は一筋縄ではいかにようです。。現在奮闘中の結果は進捗があり次第またこちらで報告したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓メルマガでは初心者から中級者以上のツール開発や外注化の仕組み化までのノウハウを発信しています。期間限定でノウハウもプレゼントしていますのでぜひチェックしてくださいね!


【メルマガorLINE@登録者限定企画】

月50万稼いだ!ライバルセラーリスト1100をプレゼント!

私が実際に利益50万を出すまでに利用したセラーリスト1100をプレゼント

気になるセラーの昨日売れた商品や新しい出品を1クリックでチェック!

自分だけの厳選セラーリストを作成してリサーチを圧倒的に効率化!また分かりやすい動画解説付きです!

LINE@はこちら。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

元料理人の3児の父親。料理人時代にお金も時間も無いことが悩みで転職。 ebayやamazonを利用した輸出ビジネスで月利益100万達成。その後法人化。 業務のほとんどを外注化して、完全在宅ワークのフリーランス。現在は京都の古民家に住み、料理・釣り・アクアリウムなどの趣味を楽しみながらスローライフを送っている。